他にも色々あります|安全にデパスを使っていくために、勉強しておきましょう

安全にデパスを使っていくために、勉強しておきましょう

他にも色々あります

薬シート

まだまだデパスを使う際に、覚えておくといい依存回避方法はいくつもありますので一気に紹介していきましょう。

まず人によってはデパスを長期に渡り使うことになるかもしれませんよね。
そういう場合はSSRIなどの抗うつ剤と併用しながら使うといいでしょう。
デパスには即効性があり効果も強力ですが、普通に何も考えずに長期間使い続けてしまうともちろん依存しやすくなります。
しかしそこでSSRIの抗うつ剤を併用していくことによって、その依存度を抑えることができるようになるのです。
SSRIはデパスとは異なり効果が出てきにくいことが特徴であり、実際にその効果を感じると周囲が気にならなくなるような感覚になります。
つまり同時に発作的な不安も減るので、デパスに依存しにくくなるということです。

そしてデパスを使う際には、アルコールと一緒に飲むようなことはしないでください。
もしもデパスとアルコールを併用してしまえば、相互的な作用によって両方から生じる影響が大きくなってしまいます。
つまりアルコールにもデパスにも依存しやすくなるので、場合によってはそれだけで人生がおかしくなってしまうほどの強烈な依存症に陥ってしまったりするでしょう。

あとはデパスだけに頼りすぎるのではなく、普段の生活習慣から徹底的に見直して色々なことにチャレンジする意識も大事です。
不安を治療していく方法としてデパスなどの抗不安薬を使い始めるのは非常に強力ですが、それ以外にもいろんな方法を試して不安と戦うことができます。
呼吸法や自律訓練法などあらゆる方法がありますので、すぐ試せるものは一度試してみてください。